FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
PIANOMANIA
映画 『ピアノマニア』 を観てきました♪

ず~っと行きたいーと思いつつなかなか行けずにおりましたが、
やっとのことで行けました
単館上映なので、いつの間にか終わってしまいそうで冷や冷やしていました。
でもとにかくちゃんと観に行けて良かったです。


この映画は、ピアニストを裏で支えている、とあるスタインウェイの調律師の
仕事ぶりにスポットを当てたドキュメンタリ―映画と言いましょうか。

そこに登場している主なピアニストが、私の一番好きなピアニスト、
ピエール=ロラン・エマールだったので、是非とも観なければ!!!と思っていました。

2007年に録音された‘バッハのフーガの技法’というバッハの大作に挑んで
エマールがCDにしたことで話題になっていたもののレコーディング風景もおさめられています。

映画を観てから改めて聴くと、きっと聴き方も変わると思います。。。


ピアノは自分の楽器を運んで演奏することができない楽器なので、
演奏する場でご対面したピアノと対話して弾くしかできません。
そのピアノを如何に自分のイメージしている音にするかは
調律師の腕にかかっている部分も大きいのです。
つまり、ピアニストの影にはいつも調律師がいるのです。

最高峰の調律師とピアニストという役割の二人アーティストが
二人三脚で生みだす職人芸の極限状態で成せる音の時間。。。
‘創造’‘芸術’‘神秘’といったものを感じないわけにはいきません!


芸術には100%はあり得ませんが、完璧を求め続けること、
その探究がが深ければ深いほど、行きつく先で見える何かは
この上ない“幸福"というの形に変わっていくのだろうなぁと感じました。


私は一人のピアノ弾きとしてだけでなく、感銘を受けるところが存分にあり、
言いたい事や、言葉にできないくらい感じたこともたくさんありますが、
とにかくとても素敵な時間を持てました。


何だかピアノを弾きまくりたい気分になりましたし
もちろん、エマールの一ファンとしてはますます好きになりました


この映画は、「音楽」という形にできずに一瞬にして消える、2度と同様には再現できない
儚くて美しい芸術に、そして人間の創造する力の素晴らしさに、心を静かに洗われる、
そんな時間で満たしてくれると思います。

『ピアノマニア』でない方 にもおすすめです


スポンサーサイト
【2012/02/22 15:22】 | 音楽 | page top↑
ベル・エポック
先月、小旅行気分で群馬県立近代美術館に行ってきました。


群馬県立近代美術館     群馬県立近代美術館


陶酔のパリ・モンマルトル1880-1910
~「シャ・ノワール」をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~


パリ万博のあった頃、フランスは芸術の様々な分野において、
多彩でとても面白い時代、まさにベル・エポック♪

そんな時代にキャバレー「黒猫」には音楽家・画家・文学者芸術家たちが
出入りし、交流し、芸術そのものが複合的に広がりと、発展していきました。
ドビュッシーやサティーも出入りし、その影響は彼らの作品に息づいています。

展覧会では映画の前身である影絵も再現上映されていました。
当時キャバレーで演奏されてた曲の楽譜や、当時のメニュー等も展示されていました。
装飾の施されたプレイエルのピアノも置かれていて、
会場内でコンサートも催されるようでした。
都内で開催される展覧会と違って、ゆっくりじっくり鑑賞できました。


比較的広く芸術が浸透し、賑やかで、彩り豊かな、楽しい時代といったイメージは
私には、自由で多彩で庶民にも広く浸透、交流した文化的レベルの高かった
日本の江戸時代とリンクする部分もあるように感じられます。

現代は芸術も含め、いろんなことが混沌としすぎている時代。
今は発展していく面白さより、原点回帰する真逆の時代なのかもしれません。
だからこそ、賑やかしい雰囲気が浮かぶその時代に、
憧れのような興味をより一層感じるのかもしれないですね。


【2012/02/04 22:24】 | 日記 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。