FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
現代曲の魅力
久々にコンサートで現代ものを弾きます

デュティユー作曲 3つのプレリュード
 1.影と沈黙(1973)
 2.同じ一つの和音の上で(1977)
 3.対比の遊び(1988)

昨年この世を去ったフランスを代表する現代作曲家デュティユー。
12音技法、実験音文字色文字色と前衛的な方向へ大きく変貌した時代の
流れにとらわれず、独自のスタイルの中での新たな探求が伺えます。

倍音列、クラスター技法を感じる和音、鏡像形による音の配列等、
響きや音色への探求が感じられ、音を通して空間美を思わせてくれます。

個人的には、現代曲で、音の建築を感じる作品には魅力を感じてしまいます。
子どもの頃から、家の間取りや図面を眺めるのが好きだったことも
関係あるのでしょうか?
‘楽譜の設計図’を見ていると楽しい
それだけで、作品の個性や、音楽的特性は十分に表われていますから。

それに現代曲には日本の侘び寂びと通ずるものを感じます。
なので、「間」も面白い。その空気感の「遊び」も面白い。
そして、演奏者と聴衆との、その「せめぎ合い」も面白い。

聴衆の思惑を良い意味で裏切る面白さもあります。
これは、あまり耳馴染みのない現代曲ならでは面白さでしょうか




2014年 3 22 日 (土)

NPO法人JML音楽研究所「フランス音楽専門講座」開講20周年記念コンサート
音の美食家たちⅤ

 昼の部 13:00~(12:30開場)
 夜の部 17:30~(17:00開場)

紀尾井町サロンホール
全席自由 各部 1000円

私は14時半くらいの出演予定です。

お時間あります方は、せめぎ合いの参加に?! 是非いらしてください
スポンサーサイト
【2014/03/18 12:01】 | 演奏 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。